Q&A

そもそも「健康な頭皮」とはどのような状態ですか?

健康な頭皮には三つの条件があります。

  • 1:頭皮の色が青白く半透明
  • 2:毛孔に汚れがなくくぼんでいる。
  • 3:頭皮全体に弾力性がある。

モイストUPシステムシリーズなら、潤いを守りながら余分な皮脂やヨゴレを取り除きますので、頭皮本来の働きが阻害されることがなく頭皮の環境改善ができるため、白髪や薄毛、部分ハゲ、脱毛などの改善が可能です。

アトピーですがモイストUPシステムシリーズを使っても大丈夫でしょうか?

もちろん大丈夫です。
アトピーや皮膚が弱い方のほとんどは、シャンプーやリンスなどの残りカスが刺激となり、さらに肌が荒れてしまいます。
モイストUPシリーズは天然由来の成分で、今まで積み重ねてきた余分な膜を全て取り去り、頭皮を洗浄・髪の毛を丸裸にします。従来の「コーティングして守る」という考え方ではなく、「頭皮や髪が本来の働きをしやすい環境にする」ことで自ら作り出す栄養素や細胞からの信号が毛先まで行き渡らせ、健康で美しい頭皮・髪にする製品です。アトピーやひどい乾燥肌、皮膚が弱いという方も、安心してお使いいただけます。

モイストアップローションはモイストアップクレンジングで洗い流さなければいけないのですか?

べたつきなどを感じる場合はモイストアップクレンジングで洗い流すことをおススメしますが、流さなくてもなんら影響はございません。
成分上皮膚に害を及ぼすものは一切入っていません。むしろ皮膚の生理機能を促進する物質が入っていますので、乾燥肌やアトピー性皮膚炎の方、軟膏代わりにべとつかない程度に付けてください。

薄毛はモイストUPシステムシリーズで治りますか?

薄毛や脱毛で悩む多くのお客様を見ていますが、モイストUPシステムシリーズならかなりの改善が見込めます。
本来髪の毛の寿命は平均およそ3~5年で、サイクルが狂うことで抜け毛が増えて薄く細くなり、"薄毛"といわれる状態になります。特に頭頂部は、男性ホルモンの影響で抜け毛の原因となる脂が詰まりやすくなります。モイストアップシリーズはその脂をとりのぞき、髪の毛本来の働きがスムーズになり、発毛やメラニン色素の生成を担っている「毛乳頭」を活性化します。
毛のサイクルさえ元に戻せば、毛は必ず増えてきます。白髪や薄毛、部分ハゲなどの頭皮のお悩みを改善するには、モイストUPシステムシリーズ続けて使用することが大切です。

ヘアカラーとヘアマニキュアは何が違うのですか?

ヘアカラーは髪の毛の内部まで色を染み込ませます。日本人の黒髪でもある程度明るくでき、色が長持ちしますが、髪の毛へのダメージが大きいです。
ヘアマニキュアは髪の毛の外側にコーティング剤で色をつけます。黒髪に使用するとほんのり色を感じる程度で、ヘアカラーに比べ色落ちは早いですが、元の髪色に戻しやすく、髪の毛へのダメージも少なくて済みます。ヘアマニキュアは透明なものもあり、髪にツヤだけプラスしたいという時に使う人もいます。

シャンプーの後のトリートメントやリンスはどのような作用があるの?

一般的なシャンプーは「界面活性剤」であり、洗浄力に優れる一方でたんぱく質を破壊する性質があります。髪の毛もたんぱく質であるためダメージを受けてしまいます。
ダメージを受けた毛髪を滑らかにして、手やくしの通りを良くし、キューティクルを保護し静電気の発生を防止したり、ほこり等の吸着を防ぐのがリンス・トリートメントの役割です。リンスは髪の毛の表面を保護膜で覆い、トリートメントはスカスカになった髪の毛に栄養や油分を補い、ダメージをケアします。

界面活性剤って何ですか?

水と油が混ざるようにするための物質で、「洗浄剤」に含まれています。
油の付いたお皿は水で洗ってもきれいになりませんが、洗剤を使うときれいになります。これは、界面活性剤が水と油をなじませため、お皿の油が水と一緒に流れていくからです。一般的なシャンプーも、酸化した皮脂を洗い流すために界面活性剤の力を利用しています。

ムース・ワックス・スプレー・ジェルって何が違うの?

ムースとは細かい泡状のものを指し、あまり固定する力はありません。
ワックスは油分が多く髪型をキープする力はありますが、がちがちに固めるわけではないので、自然な動きが出ます。
スプレーは液状樹脂を噴出して髪の毛を固めるもので、髪の毛のツヤや光沢を出すのに優れています。
ジェルはゼリー状の整髪料で、この中で一番高いキープ力があります。

くせ毛・直毛、ねこっ毛、剛毛などの髪質や、やりたい髪型によって使い分けが大切です。
自分には何がいいんだろう?と思われる方はお気軽にご相談ください。

毛を剃ると濃くなるのですか?

いいえ。そのようなことはありません。
医学的には何の根拠もありません。ただ、毛は毛先が細く根元が太いため、根元の太い部分で剃ることで毛が太く・濃く見えてしまいます。

白髪を抜くと増えるのですか?

抜いたから増えるということはありません。見つけて抜いたところとは違うところに白髪が増えているだけで、「抜いたら増えた」ということはありません。逆に言えば、白髪の原因を放置すれば抜かなくても増えます。白髪を治したい・減らしたい場合は、頭皮環境を改善するなどの適切なケアが必要です。

髪の生え際がくせ毛や白髪になるのはなぜですか?

洗顔や洗髪の際に際まで洗いきれていないのが原因であることが多いです。女性の場合は、ファンデーションをおでこのキワまで塗り、クレンジングオイルは髪に付かない程度までしか付けないなど、フェイスラインのファンデーションが落としきれていないこともあります。
よごれが溜まることで頭皮の老化が進んでしまうと、くせ毛や白髪が出やすくなります。

出産後抜け毛がひどいのですが大丈夫ですか?

出産後正常なホルモンに戻る反動で、ヘアーサイクルが休止期に入るため、三ヶ月位から脱毛が始まりおよそ半年ほど続きます。その後たいていは体力と共に抜け毛は減っていきますが、人によっては新しく生えてきた毛が以前より細く薄くなる事もありますので、頭皮のケアが必要です。

飲む毛生え薬は存在しますか?

はい、あります。アメリカでは既に育毛剤として市販しています。
高血圧の治療薬として開発された「ミノキシジル」という薬があります。この薬の服用でしばしば副作用で多毛症が生じたため、試しに脱毛症患者に塗ったところ毛が生えてきました。これは血管拡張作用によるものみられています。育毛剤の多くは血行を促進する成分です。育毛には血行促進より血管拡張の方が効果があったので市販に踏み切ったそうです。
日本では飲む毛生え薬はありませんが、ミノキシジルが含まれた育毛剤は販売されています。

頭を洗った後は髪を乾かした方が良いのですか?

乾かすことが理想的です。
濡れたままで自然乾燥すると、細菌や微生物の繁殖に適した湿度温度が保たれ、ふけやかゆみの原因になります。アトピーやアレルギーの方は必ず乾かすようにしましょう。ただし、ドライヤーの温風は頭皮の乾燥を悪化させます。しっかりとタオルドライしたうえで、ドライヤーの風は頭皮に当たらないように気をつけながらドライしてください。短髪の場合は温風が地肌に当たりやすいため、1~2分で終えるのが理想です。

白髪の原因は何ですか?また治りますか?

白髪は治りますが、原因は1つではないため「●●すれば黒くなる!」というものではありません。
髪の黒色である「メラニン」は、体内にメラニンの状態で存在しているわけではありません。別の物質がメラニンを生み出し、毛先まで届けるように信号が出ることで髪の毛は黒くなります。メラニンの生成がうまくいかなかったり、毛先まで運ばれないなどの状態が白髪です。
ストレスや睡眠不足による自律神経の乱れ、栄養バランスの崩れ、運動不足など、身体を不健康にするものは髪の毛も不健康にし、白髪の原因となります。また、毛穴の汚れや頭皮のかゆみ・フケも白髪の原因となります。健康的な生活と、頭皮・髪を清潔に保つことが大切です。

抜け毛(ハゲ)・かゆみ・ふけの主な原因何ですか?

頭皮の脂詰まりや酸化皮脂(腐った脂)が非常に影響します。
酸化脂肪はシャンプーでは落ちにくく、酸化脂肪が残った状態でトリートメントや整髪剤をつけると、頭皮や毛穴の新陳代謝が阻害されます。新陳代謝のサイクルが崩れると、乾燥やべたつきが発生しやすくなり、フケやかゆみ、抜け毛の原因となります。
モイストUPローションで酸化皮脂をしっかり取り除けば、フケやかゆみ、抜け毛は見る見るうちに無くなっていきます。

スタイリング剤は使わないほうが良いものなのでしょうか?

使わずに済むのであれば使わないほうがよいでしょう。
使われる場合も、モイストUPローションを髪全体に行き渡らせてからお使いいただければ問題ありません。

モイストUPシステムで本当にクセが伸びますか?

クセの強さや髪質によりますが、スタイリングはしやすくなります。また、これから生えてくる毛髪は今よりクセはなくなります。
ただし、モイストUPシステムシリーズを正しく使い続けなければ変化の保証はできません。

プールでうつされたシラミが半年以上改善しません。

シラミにはピレスロイド配合の殺虫剤が効きます。ピレスロイドは昆虫にとって、人間で言うサリン以上のものです。昆虫は死にいたりますが、少量であれば人間に害はありません。まずはシラミの成虫を見つけ、殺虫することが先決です。
その後、モイストUPシステムシリーズを使用していくことで、卵があって孵化したとしてもシラミが育つ条件下ではないため死滅します。